うだつがあがる町、徳島県美馬市主催!

第1回合宿:2018年10月11日(木)-2018年10月14日(日)3泊4日
第2回合宿:2019年2月22日(金)-2019年 2月24日(日)2泊3日
ともに徳島県美馬市開催。

儲かるUDATSUとは?


「うだつ」とは、隣の家との境界の役割をもつ土造りの防火壁のことを言います。
江戸時代の当時、うだつを作るには多くの費用がかかったため、うだつを設けている家は「裕福であること」を意味していました。
よって、日常的によく使われる「うだつが上がる」とは出世がしていることや金銭的に恵まれる状況であることを指します。

これまで商人の街として栄えてきた美馬の「うだつの町並み」で、
これから地方への事業展開をする起業家、地方での起業を志す挑戦者を私達は全力で支援します!

合宿写真

美馬市には事業承継問題を抱える会社、利用されていない地域資源、
そして何よりも活動的に事業をしている魅力的な起業家がいます!
これらの資源やネットワークを生かさない手はありません。

プログラム参加決定後すぐに行われる事前の個別面談により、
みなさんの特性やニーズを把握した上で、適切な地域の人々や資源をご紹介します!
既に都市部で事業を行っている起業家にとっても、
地方展開は新規事業がやりやすく、そして地域のネットワークにより営業コストが下がるなどの圧倒的なメリットがあります。
また地方での起業を志す方には、「地方であっても稼げる起業」をともに目指し、いつでも事業相談を受けられることができます!

どなたにとっても、最適な形で事業を作る上で必要な「すべて」を提供します!

「地方でも稼ぐ!新規事業開発メソッド&
人生を通して付きあえる起業家仲間&
実際に美馬市で事業をするためのすべてのサポート」
が手に入る

地域を問わない様々なジャンルの起業家を5人1チームに分け、既存サービスの延長線上では考えつかない
全く新しいアイデアが生まれやすい「デザイン思考」による事業創出のプロセスについてワークショップを通して 新規事業開発ノウハウを一気に学びます。

また、初期の創業時の資金調達で非常に有効であり、特に地方での創業と相性の良いクラウドファンディングについて
実施時の心構えや成功するために抑えるべきポイントを徹底的に解説します。
また、プログラム期間中に自身の事業でのクラウドファンディングの実施を目指します!
並行して、実施中または検討中の事業について最終日にアウトプットし、メンター陣からフィードバックを得られる機会があります。
※チーム分けは運営事務局にて参加者の個別状況を考慮して決定します。

①みなさんの都合を第一に考え、細やかなスケジュール対応・個別対応を実施します!

about_img03

まず、参加者のみなさんにはプログラム参加決定時に個別相談の場(オンライン・オフラインともに可能)を設けます!
みなさんの希望する事業内容やご自身の人柄を理解した上で、地域リソースや地域ネットワークを徹底的にご提供します!

更に個人の都合を考慮して、*2度の合宿プログラムのフル参加は必須条件ではありません。
合宿プログラムではライブ中継、あるいは後日配信する収録動画を受講することができるため、皆さんのご都合に合わせたプログラムへの参加が可能です!
*現地合宿実施期間以外で、最低2回の美馬市訪問&計4泊以上滞在を条件とします。必要があれば美馬市での現地サポートを行います。ただし、第2回合宿最終日の発表のみ必須参加。

②起業に関するインプットや事業相談のフォローについてはオンラインを徹底活用!

about_img03

起業に関連する100時間以上の動画、音声コンテンツをオンライン上に用意!
講義内容も起業、イノベーション、新規事業創造などと幅広く学習でき、いつでもどこでも参加者の都合に合った受講が可能です!
そのため、美馬市での合宿の期間だけでなく、日常的に起業に必要な情報を大量にインプットすることができます!
また、随時オンライン上で事業つくりの相談をすることができ、
みなさんの事業の成功確度を高められるようなサポート体制を設けています。

※起業に関する記事コンテンツはこちら→起業、独立、開業の0→1を応援/助っ人

③美馬市での事業の成功確度を上げられるように、「地域の資源や地元事業者のネットワークから、事務手続きまで」すべてを全力でサポートします!

about_img03

地域内で既に成り立っている事業を引き継いだり、事業継承問題を抱える地元企業の事業を既存のみなさんのサービスと組み合わせたり、
美馬市の起業家と一緒に新規事業を立ててみたりすることで、起業の立ち上がるスピードやコストを 圧倒的に効率化することが可能です。

もちろんご自身で既にアイデアのある方も大歓迎で、合宿プログラム前に事業を開始していても問題ありません。

また、煩わしい事務書類の申請作業についてもみなさんがストレスなく行えるようにいたします!

そもそも徳島県美馬市とは・・・

<美馬市>

about_img02

美馬市は徳島県西部に位置し、2005年に旧美馬郡内の脇町・美馬町・穴吹町・木屋平村が合併してできたまちです。
市のほぼ中央を東西に四国三郎「吉野川」が流れ、日本一の清流「穴吹川」など幾多の川が吉野川に流れ込み、沿岸の平野部が主な可住地となっています。
徳島阿波おどり空港、髙松空港ともに50分ほど、神戸市や岡山市にも2時間程度で行くことができる交通の結節点となっており、
四国各県部への利便性も高いと言えます。   
また、近世・近代の歴史的建造物が建ち並び、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている「うだつの町並み」など、
歴史・文化的資源にも恵まれています。

<穴吹川>

about_img02

吉野川水系穴吹川は、剣山を源流として美馬市木屋平~穴吹町を流れ吉野川にそそぐ一級河川で、日本一の水質を誇り、
夏になると川遊びはもちろん、鮎釣りやカヤックなど徳島県内有数の川のレジャースポットとしてにぎわいます。
また、穴吹川を北部の平野から南部の山のなかに辿っていくと、その流れは四季折々の渓谷美を織りなし、
また支流では「閑定の滝」などいくつかの滝と出会うことができます。

<うだつの町並み>

about_img02

 うだつの町並みは、脇城の城下町として成立し、藍の集散地として発展したものです。
現在は明治時代頃のものを中心として江戸中期~昭和初期の85棟の伝統的建造物が建ち並んでおり、近世・近代の景観がそのまま残されています。
この町並みの大きな特徴は、町家の両端に本瓦葺きで漆喰塗りの「うだつ」が多くみられることであり、
このことから「うだつの町並み」の通称で親しまれています。
<重要伝統的建造物群保存地区>1988(昭和63)年12月16日、全国で28ヶ所目の選定

Programプログラム

デザイン思考徹底活用による新規事業の作り方

既存サービスの延長線上では考えつかない全く新しいアイデアが生まれやすい
「デザイン思考」による事業創出のプロセスをワークショップを通して理解していきます。
市場を中心としたアプローチではなく、人間中心(Human - centered)イノベーション*の思想をもとにした
人々のニーズからその課題の本質を見極めるプロセスを体得できます
*人間個人それぞれのニーズを満たすことで最も良い状態を目指すためのイノベーション

“こうすれば成功する”地方のクラウドファンディングの重要ポイント

初期の創業時に、その資金調達は特に重要になってきます。
特に地方の創業との相性の良いクラウドファンディングについて
参加者にも実践する際の心構えや
うまくいくクラウドファンディングの抑えるべきポイントを徹底的に解説します。
講義参加者は自身の事業でのクラウドファンディングの実施を目指します。

小資本でも売上が出るマーケティング戦略

起業支援10000社以上の実績から見えてきたうまくいく起業の仕方を株式会社ウェイビー伊藤が講義。
地方であっても結果がでやすい施策の作り方をレクチャー。

【マーケティング講義】
・全てはお客様に目を向けるということ
・お客様にとって最高の問題解決者であること
・商品、サービスが売れるためには
・商品、サービスづくりのプロセス 
・新しいお金のもらい方
・知っておきたい7つのフレームワーク
・フロントエンド商品とバックエンド商品
・小さい改善をしてマネタイズをすることでお金の流れをつくる

Speakerスピーカー

    株式会社ウェイビー代表取締役

    伊藤健太

    慶應義塾大学卒業後、大学3年時にリクルート主催のビジネスコンテストで優勝し、23歳病気をきっかけに小学校親友4名、資本金5万円で起業。 7年間で、年間3,000件を超える起業に関わるようになる。
    ・日本最大規模の起業イベントに成長、累積4,000人以上が参加「TERACOYA」主宰
    ・日本最大の起業のポータルサイト「助っ人」運営  UU15万 月間相談件数500件超
    2016-17年にオウンドメディア「スケダチ」、グループ会社1社を他社に売却。
    ベンチャー投資にも力を入れており、10社超の投資を実行。 世界経済フォーラム(ダボス会議)のU33の若手リーダーとして日本代表に選抜。 元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」と「成功する起業家はこう考える」など著書5冊を出版。
    NHK、CCTV、日経新聞、夕刊フジ、日刊工業新聞などメディア出演も多数。
    京都大学、福岡大学、商工会、経営者団体など年間250回以上の講演もこなす。

    大徳島大学教養教育院イノベーション教育分野 講師 (博士(医学))
    徳島大学創新教育センターイノベーションデザイン部門長

    北岡 和義

    徳島県美馬町(現美馬市)出身
    徳島大学から「新しく創造したものごとで社会を変える」真のイノベーション人材を輩出するべく、
    運動科学、環境生理学に基づいた「システム思考」と「デザイン思考」を織り交ぜたイノベーション創出技法を用いて教育と研究、実践を進めている。

    NagomiShareFund & 地方創生会議
    Founder

    小幡和輝

    ・NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder 
    ・1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。
    その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。
    ・2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。
    その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
    GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

    株式会社ウダツアップ 代表取締役社長
    一般社団法人 ハンモサーフィン協会 代表理事
    合同会社 ゼロイチ舎 代表社員
    のどけや 代表

    柴田義帆

    1974年大阪生まれ。26歳で大阪の中心部アメリカ村にてライブハウス事業とビルのサブリース事業をしながら様々な音楽活動で海外25カ国以上のツアーやフェスを経験。
    約二十年間の音楽生活を経て、徳島県美馬市脇町に移住しゲストハウス"のどけや"を2014年7月にオープン。後に2015年8月に"うだつの町並みに"うだつゲスハウス"のどけや別館"をオープン。
    そして、同年、"日本中・世界中で共遊拠点(別荘)を作ろう"をテーマに、一般社団法人ハンモサーフィン協会を設立し代表理事に就任。
    現在では四国を中心に様々な拠点を確保し世界中の拠点を共遊別荘にするプロジェクトを目指して活動している。2017年12月に株式会社ウダツアップを設立し、
    有休資産を共遊するのに先駆けて自社開発の"世界中の全ての土地でキャンプしよう!"をコンセプトに「landcamp」を2018年4月にローンチ。
    また、別法人、合同会社ゼロイチ舎でも、"世界中でユーモア溢れるBBQ&鍋体験"をコンセプトに「NABEQ」を2018年7月にローンチ予定。
    既にプロトタイプ化している10以上近くのシェアリングエコノミーサービスを今後続々ローンチ予定でその他ベンチャーサポートとしてインキュベーターとしても活動を行い
    徳島県美馬市でのウダツバレー構想を掲げる。

    徳島税理士PRO® 音瀬泰彦税理士事務所
    株式会社音瀬コンピューター会計センター
    専務取締役

    音瀬直輝

    徳島文理高校卒業後、大学からの10年間を大阪で過ごし、大学で簿記を教えながら税務会計、マーケティングなどの書籍を500冊読破するとともに、
    同世代経営者とパイプを築きマッチングを得意とする。
    平成24年4月に音瀬泰彦税理士事務所へ入所後は、先代から半世紀続く税理士事務所の改革に着手し、業務拡大と右肩上がりで顧問先数を伸ばす。
    特に、起業支援に関する分野においては顕著な成果を残す。
    【創業融資】金融機関と交渉を行い、事業経験のない起業者の融資希望額満額を調達(2017)
    【創業補助金申請】採択100%を達成(2017)
    また、2016年11月に中小企業庁の「創業スクール」講師、2017年2月には一般社団法人徳島青年会議所でイノベーションを生むBMC(ビジネスモデル・キャンバス)を使った講師をし、どちらも非常に高い評価を得る。
    2017年11月に経済産業省の「平成29年度 潜在的創業者掘り起こし事業連携コンテスト」と連動した「ビジネスプランコンテスト」の審査員を務める。

    音瀬泰彦税理士事務所の主なメディア掲載
    ・株式会社ダイヤモンド社「相続問題で頼りになる税理士セレクト100」「争続と税金の2大災難に備える! 相続・贈与・事業承継 決定版」
    ・株式会社ミスター・パートナー「2018年度版 日本が誇るビジネス大賞」など3冊
    ・株式会社あわわ「Geen(2018年1月号、6月号)」

    日本政策金融公庫四国地区統轄室
    室長

    金丸幸義

    平成8年、国民金融公庫(現:日本政策金融公庫)へ入庫。全国の支店の中でもトップクラスの創業融資実績のある新宿支店などを経て、平成29年4月より現職。
    政策金融機関の職員として数多くの創業融資案件やソーシャルビジネス支援等に携わっている。
    多数の創業セミナー等で講師を担当。融資を多く取り扱う業務柄、様々な企業の事例に精通している。

お申し込み

お名前必須
メールアドレス必須
住所必須
電話番号必須
職業必須
備考